社会医療法人財団 石心会 さやま腎クリニック

臨床工学技士 採用エントリー

CE室概要

『患者主体を基本として、常に専門的知識・技術の向上に努め、安全・安楽・安心な医療を提供していく』を理念に掲げ、日々の外来維持透析を安全且つ適切に行えるよう、各職種とのチーム医療に臨んでいる。また、日常業務以外にもCE室内で透析関連業務を細分化し、より専門的且つ効率的な業務進行を目的として分担業務(班業務)を採用しています。

透析室フロアー業務

透析室のルーチン業務である透析回路のプライミング、患者への穿刺、透析中のバイタル測定などの患者観察、透析終了時の返血操作等を看護師と協力しながら、安全・安楽・安心を心掛けた透析医療を行っています。

機械操作

機械操作

穿刺

穿刺

プライミング

プライミング

情報収集

情報収集

透析液品質管理

当施設で稼働している全自動型コンソール機能およびOn-LineHDFを安全に施行させるために、透析液清浄化に取り組み、高度に管理された透析液を供給している。
年間計画を立案し、施設内にてエンドトキシン濃度及び生菌数を測定して、結果の把握や異常時の対応も迅速に行っています。

水質管理室

水質管理室

生菌検査

生菌検査

医療機器管理

透析監視装置(107台)を始め、シリンジポンプ、輸液ポンプ等のME機器の定期点検、故障対応等を行い、日々安全且つ正確に装置が作動するよう業務を行っています。

メンテナンス
メンテナンス

メンテナンス

バスキュラー・アクセス(VA)管理

VAの閉塞は透析継続を困難にし、生命に関わる問題となり得るため、閉塞に至る前の発見が重要である。透析毎にVAの触知、聴診等で理学所見を確認し、異常が認められた場合には超音波診断装置で検査を行っています。治療適応には経皮的血管形成術(PTA)を行い、VAの閉塞を未然に防ぐ体制をとっています。

シャントエコー

シャントエコー

VAIVT

VAIVT

検体検査管理

毎月2回行う定期採血や臨時採血の管理を主に行っています。その際に、採血オーダー入力管理と、検体処理作業を業務としています。
検体処理

検体処理

至適透析管理

患者の血液検査値、透析治療状況から推奨治療条件の見直しを毎月行っており、医師への情報提供をしながら日々患者一人一人に最適な透析治療条件を追及するよう努めている。CEとしての様々な視点から患者のQOL向上を目指しています。
データ管理

データ管理

在宅透析療法(HHD)への対応

近年、短時間頻回透析が良好な生命予後、長期合併症の予防、高いQOLの達成等において注目され、全国的に在宅血液透析(HHD)が普及しつつあり、当院でも積極的に啓蒙活動を行っています。在宅へ移行する為の教育期間(約3ヶ月)に患者さんへの透析周辺技術や知識習得の指導を行ったり、移行後の管理業務も医師、看護師と協力しながら行っています。
患者教育

患者教育

在宅呼吸器療法(ASV)への対応

心機能障害を合併する透析困難症の患者のQOL改善を目的に導入しているAdaptive Servo Ventilation(ASV)の運用管理業務を行っています。
患者教育

フットケアー管理

フットケアー管理業務の中の一つである皮膚潅流圧(SPP)の測定を行っています。測定結果の把握や異常時の対応も迅速に行っています。

SPP測定
SPP測定

SPP測定

委員会・班・勉強会活動

施設内で運営している各委員会、各班に属して、1年間の活動計画を立てながら、様々な業務内容の質の向上や問題解決、また、自己のスキルアップの為の勉強会などに参加します。

勉強会
勉強会

勉強会

エントリー